飛んだり跳ねたり暴れると危険です

仕事終わりに、孫市と戦友対戦してきた☆

呂蒙が欲しいということだったので、

「何でもいいから魏の騎馬をくれ」

と、交換したら、
なかなか使えそうなヤツが届いたw
328F7C67-.jpg
虞氏の征圧兵兵速w

まぁ使う予定は無いんで、印刷せずに、
保管しておきましたが^^;

んで、戦友対戦をしようとして、
戦友検索して、デッキを考えてたら、


孫市「なんか知らん人とマッチングしたw」

マジかよw

たまたま、オレたちと同じ番号で、
同時刻に戦友対戦しようとしてたヤツが居たんやなw

オレも、じゃあ、その相手になるはずだった人と戦うか、
と、思ったら、何故かオレだけマッチングせずに、
COM戦終了・・・w


・・・いや、おかしいやろ!

じゃあ、その孫市とマッチングしたヤツは一人で、
戦友検索してたんか?w


でもまぁ、相手に周瑜が居て、
赤壁を、兵力満タンで将器征圧速速の黄蓋に対して、
打って来たんで、威力の検証が出来ました☆

撤退しましたw

知力4は確殺なのかも知れません・・・w


気を取り直して、念のためパスワードを変えて再試行☆






そして、大水計の範囲が見たいので、
相手視点で録画した試合も載せておきます^^


大水計の範囲、言葉で説明すると、

範囲の位置は、自身前方、カード1枚分先、
よりは5ドットほど手前の位置(分かりにくいかなw)

縦幅は約2マス。

横幅は戦場より左右半マスほど狭い感じ、

荀攸が戦場の真ん中に居たら、
縦軸さえ合っていれば、そのラインの敵は、
全員範囲内に入っていることになります><


あと、ついでなんですけど、

程イクの反計は、自身中心に約2マスの円範囲、
劉ヨウの守勢の反計は、自身中心に約1.7マスの円範囲、
となっておりました☆


んで、帰って来て、「松本家の休日」観て、
風呂入って寝るか、という矢先に、
へたれから電話かかって来て、
1時間くらい三国志大戦について語らってしまったw

へたれ曰く、

オレの流星に周瑜を入れた方がイイ、とのこと、

残り8cくらいまで赤壁と太史慈で耐えしのいで、
最後に流星落して勝つようにするのがイイんではないか、
と、いうことなんですわ><

赤壁をチラつかせたら、相手は部隊を散らすから、
太史慈で各個撃破もやりやすいし、

内乱も1回は喰らえるので、なんとかなるのでは?

でもまぁ、5枚デッキになっちゃうから、
兵種バランスが難しいんよね><

弓2歩兵1が決まってるんで、

槍2か、槍1騎馬1しかないんよな・・・

「朱桓、呉国太」か「陳武、呉国太」やね><


今のデッキに特に不満は無いのだが、
総武力が、「朱桓、呉国太」で4、
「陳武、呉国太」なら5も上がるので、

柵が2枚減るんだけど、伏兵の知力3上がってるし、
何かやれそうな気もするw

環境的に、蜀と呉が増えて来てるんで、
へたれ型5枚流星の方が、なじむのかも知れないなぁ・・・

今度、試してみます☆


P.S.
7767E0DF-.jpg
天下一武道会みたいなトイレを見付けました☆


IMG_6216.jpg
エレベーター内に貼ってあった張り紙なんだけど、
後半2つの項目、格ゲーの話してるんかと思ったw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

馬野 骨夫

Author:馬野 骨夫
戦国大戦で織田家をこよなく愛する大阪在住の馬野骨夫(うまのほねお)の織田家で頑張る様子を描くブログ☆
三国志大戦では呉民で、使い勝手が似てそうなので織田家にしたのは内緒w

麻痺矢呂蒙と鶴翼家康大好き☆
詳しいプロフィールは自己紹介の記事にて〜。

eef00e7b2f11795804c9cb8b3ff76246.gif
e160985c490d4650455b984e2b3b395d.gif
06435149e9561528f4798f37f1c1acd6.gif
31cd9b482d7da1b6702dbbfe34490cf2.gif
9e22b0704554acfe09b64589b26aec0e.gif
宿将、葉武者、凡将、正二D

メインデッキ、通称「レッドアイズ国崩し」
(国崩し、雷神剣、鮪喰、岩成、有馬)

サブデッキ、通称「新甘党鍋」
(天下糖一、鬼玄蕃、メイド道、幼慶次、榊原)

サブデッキ2
(月下の魔弾、鬼柴田の意地、瞬攻采配、塙、お玉)

戦友パスワードは「2002」です
会員名は「うまの」よかったら登録してやって下さい☆
相互リンク大歓迎です☆ご自由に貼り付けてくれて構いません^^
むしろ喜びますっ!





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR